中央大学理工学部精密機械工学科 戸井研究室 音響システム研究室

研究内容

タイトルイメージ

研究成果とサウンド

生活に身近な「音」、自動車、精密情報機器、家電製品などから発生する動作音の快音化を実現しています。

掃除機の快音化

耳障りな高い音「キーン」のみを下げる吸音ユニットを開発。吸引力が感じられる快音掃除機を実現。

beforeafter

トイレ洗浄音の快音化

汚らしい低い音「ゴボゴボ」を配管形状の工夫で改善。爽やかなトイレ洗浄音を実現。

beforeafter

体感温度が変化するエアコン動作音

低い音は暖かく、高い音は涼しく感じる音の機能性を活用。省エネで身体に優しいエアコン動作音を実現。

warmcool
区切り線

進行中の研究

今年度進行中の研究は、次のとおりです。

数値シミュレーションに基づく歯打ち音の快音化に関する研究

朴 成鋒

ギヤノイズに寄与するパラメータを把握して、設計の初期段階で可能な快音化設計のアプローチを構築する。

研究フロー

オノマトペの活用によるスイッチ操作感覚のデザイン手法に関する研究

宮入 徹

オノマトペ(擬音語、擬態語)と物理量の関係性を把握し、オノマトペを用いた感覚デザイン手法を提案する。

研究フロー

聴覚の左右差に着目した音像定位に及ぼす加齢の影響把握

白木 萌子

音像定位において高齢者に生じる左右差に着目し、主観評価や脳波測定を用いて加齢の影響を把握する。

研究フロー

燃焼音のばらつきに着目したディーゼルエンジンの快音設計

戸田 勇介

燃焼音のばらつきを表す特徴量を把握し、ディーゼルエンジンの快音設計を行う。

研究フロー

走行中の過渡音と過渡振動を考慮した快適な車室内空間の構築

野島 恵理子

自動車の変速機から生じる音と振動の影響を定量化し、変速機や車室内への対策を考案する。

研究フロー

拡がり感に影響を及ぼす周波数帯域の把握

前崎 壮真

音の空間的印象について、周波数特性を考慮した残響時間指標と音質設計を提案する。

研究フロー

高齢者の自動運転及び予防安全システムへの受容性・適応性評価

五十部 健太

高齢者の安全運転を実現するため、運転支援システムが具備すべきデザインを作成する。

研究フロー

聴覚や視覚が食欲の喚起に及ぼす影響の把握

黒瀬 和希

聴覚と視覚の複合刺激が食欲の喚起に及ぼす影響の把握をし、料理の魅力を最大限に伝える条件選定を行う。

研究フロー

機械学習による機械作動音の異音検知

後藤 悠太

機械作動音の通常運転音を収集して、機械異常時の音を判別し、異音検知を可能にする。

研究フロー

運転意思を考慮した変速音および変速振動の一体操作感の創生

清水 周作

運転者意思変化に対応した変速音や変速振動の付加により、変速時における自動車との一体操作感の創生を目指す。

研究フロー

多彩な使用状況に応じたキーボードの操作感覚の創生

藤倉 圭

軸別に様々な操作音・感触を有するメカニカルキーボードの特性を把握し快音設計をする。

研究フロー

研究は、最先端の研究設備を用いて進めています。

インピーダンスチューブを用いた音響実験

7階無響室1
無響室Ⅰ

サウンドパーティションによる上下方向の音場分離実験

7階無響室1
無響室Ⅰ

ドライビングシミュレータを用いた警告音の選定実験

7階無響室1
無響室Ⅱ
区切り線

研究実績

過去から現在までの研究実績について